アラフィフ婚活は成功するのか?

アラフィフ サバ子が検証します

40代独身事情

自分の老けっぷりに落ち込み、立ち直れない

投稿日:

Uさんと京都へ

現在、ユーブライドで知り合ったUさんと付き合っています。
Uさん 49歳 バツイチ子どもあり 165センチ、年収400万、仕事は福祉関係、村上春樹ファン。

サバ子は10連休ですが、Uさんは連休の最初は仕事。月末から休みに入ったので、一緒に京都に行ってきました。旅行は楽しかったですよ(^^)/

ただ人が多い。GWに京都に行くもんじゃないな。もっとのんびりしたかった。

自分の写真に驚愕

京都では自撮りもたくさんしました!私のスマホでUさんと2人で数枚撮ったり、こっそり、自分だけの自撮り写真も。

一番多いのは風景写真ですが、人が多すぎて、人が入り込むし、しかもその人がカメラ目線。即削除しました。

昨日、旅行を終えて家に帰り、スマホの写真を自分のPCに取り込んでいたのです。

その取り込んだ写真の自分の老けっぷりに驚愕して、人生嫌になってきました( ゚Д゚)

キムタクとか工藤静香や福山雅治の老けっぷりに喜んでいる場合ではない。

自分はもっと「おばちゃん」だったのです。

スマホは画面が小さく、老眼も手伝って、自分の皺やたるみは見えてなかったよう。

大きなPCの画面で自分の顔をみて驚愕しました。おばちゃんになったな。

もちろん、おばちゃんだとは自覚していましたが、自分が思うよりもっと老けてた。

最近、鏡もじっくり見なくなってたし、Uさんは「綺麗だ」とお世辞を言いまくるので、自分を全く磨いていませんでした。

40歳の頃の写真がPCにあったので、並べてみたら、確実に老けてる。40歳の写真が初々しいぐらい。

しかし、30歳になったときでさえ、目の下のたるみやおでこの皺が出てきて、老けたなと自分で思ってました。

ということは、アラフィフの今の超老けたおばさん顔も、60歳になったときに見たら、「あの時は若かった」と懐かしむんだろうな。

そう思ったら、このおばさん顔でもいいから、これ以上老けないでほしいと願うのですが、芸能人でさえ、60代でアラフィフに見える人などほとんどいないですよね?

こんな凡人な私でさえ、老いの恐怖を感じているので、昔超美人だった浅丘ルリ子とかいしだあゆみとか、どんな心境で老いに立ち向かっているのか興味あります。

ヒアルロン酸注入はエチケット?

芸能人は30代以降になるとヒアルロン酸入れている人多いですよね?

顔が膨らんで、皆さん同じような顔になっています。

神田うのの言うように、ヒアルロン酸注入はエチケットかな?サバ子も入れようかな?と一瞬考えたりしますが、あれって、固まったり、保つためにずっとやり続けなければいけないんですよね。

芸能人見てると、入れてるって絶対わかるし。でも皺よりはマシなのでしょうか。

京都の写真もUさんの写真ではなく、自分の写真ばかり見て、ヒアルロン酸注入しようか悩むサバ子。

どんだけ自分本位?というかナルシスト?自分好き?

高須クリニック行ってみようかな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング

-40代独身事情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

興味がわかないオリンピック

韓国開催だから興味がない? 今日から冬季オリンピックが始まりますね。 テレビ番組では盛り上がっているようです。 サバ子の場合、これで見るテレビがなくなるぅ、とちょっとブルーになっています(-_-;) …

女友達とランチで更年期鬱が少し解消しました

現在、ユーブライドで知り合ったUさんと付き合っています。 Uさん 49歳 バツイチ子どもあり 165センチ、年収400万、仕事は福祉関係、村上春樹ファン。 今週はUさんとは会えず。 でも、来週は休みも …

最近アラフィフ女の思うこと

ホワイト国を知らないUさん 現在、ユーブライドで知り合ったUさんと付き合っています。 Uさん 50歳 バツイチ子どもあり 165センチ、年収400万、仕事は福祉関係、村上春樹ファン。 今週末は久しぶり …

「やすらぎの郷」あり得ないと思いながら見てます

目次1 年をとるとドラマを見なくなる2 老人ホームのドラマ「やすらぎの郷」見てます3 ただの老人のファンタジーでした 年をとるとドラマを見なくなる 20代の時は恋愛ドラマをよく見ていたのですが、最近は …

芸能人や政治家の結婚、不倫、出産ニュースがうっとうしい

文春の不倫スクープいらない サバ子は何を隠そうおやじギャルでした。(*90年代ぐらいにはやった言葉で、若い女がおやじぽい行動をすること) サバ子が女子大生のときの愛読書は「週刊文春」と「サンデー毎日」 …